会社員でも手軽にワンルームマンション投資を始められる

適切な物件管理方法

マンション模型

物件管理で確認すべき点

マンション投資は購入時よりもその後のメンテナンス(マンション管理)が重要だと言われています。これは、どれだけ優良物件を購入する事が出来ても、その後のマンション管理をいい加減にしてしまうと、当初期待していた収益を上げる事が難しくなってしまうからです。マンション管理とは、具体的には物件の共有スペースのメンテナンスや、入居者との間の債権債務の管理、新規入居者の募集プロセスの管理等が挙げられます。こうしたプロセスのどれか一つでもいい加減になってしまうと、物件の市場における競争力が低下してしまい、当初期待していたリターンが得られなくなる可能性があります。マンション管理は、マンション管理を専門に行う管理業者に委託をするのが一般的であるため、不動産オーナーとして重要になってくるのは適切な管理業者を選定する事です。選定に際してチェックしておくべきポイントとしては、まず第一に管理業者に十分な経験があるかどうかという点です。管理業者には大小様々な業者が存在し、何十棟もの物件を管理している大手業者もあれば、殆ど管理物件を持っていない零細業者もいるので、チェックが必要です。また、選定候補の業者がどのようなプロセスで入居者との債権債務の管理を行っているかをチェックする事も非常に重要です。きちんとしたマニュアルやシステムが整備されているか、過去に入居者との間で債権債務の取り扱いについて揉めた事はないかといった点が確認ポイントとなります。