会社員でも手軽にワンルームマンション投資を始められる

双方のメリットを

女の人

悠々入居するために

家賃債務保証とは最近ネットでも不動産系情報誌でも頻繁に目にするようになったワードです。家賃は基本的に毎月大家である物件管理者に対して支払うことになります。直接支払うケースもありますが、大手不動産を介入させて支払うケースもあります。でも入居している方全てが円満に家賃を支払ってくれるわけではありません。元来この場合には、「連帯保証人」に支払いの請求を行うのですが、近年連帯保証人の確保に難航する人も急増しています。その背景には独居の高齢者が増加している事が挙げられます。独居の高齢者は、すでに身内を亡くされていることが多く、家賃の保証ができる連帯保証人を確保できないことがあるのです。家賃債務保証はこうした方々を救うセーフティーネットの役割を果たしています。家賃債務保証制度を取り交わしている不動産に入居することで、連帯保証人が居なくても速やかに入居が出来る仕組みです。大手アパート運営会社などはほとんどがこの制度を導入しており、遠方の親戚に頼ることが出来ない方でもすぐに入居が出来ます。一方の大家さん側は、家賃を代理企業が弁済してくれるので、安心して入居者の募集を行うことが出来ます。連帯保証人を確保できない人に対しても幅広く入居者募集を募れるので、空き室物件を抱えるリスクが減るのです。このように家賃債務保証は双方に理想的なメリットをもたらしてくれます。不動産の新しい未来を切り開くシステムなのです。