会社員でも手軽にワンルームマンション投資を始められる

失敗しない投資物件

集合住宅

節税効果もある

マンション投資は比較的失敗することがない資産投資だと言われていますが、それでも失敗する可能性はゼロにはならないものです。しかし、マンション投資は失敗しても、メリットがある場合があるのです。というのは、マンション投資の1つであるマンション経営で赤字が出た場合、その赤字に節税効果があるのです。マンション経営以外で給与を得ている人は、不動産所得者でありつつ給与所得者ということになりますが、給与所得に関しては源泉徴収され、所得税、住民税を納めています。そして、不動産所得に関しても税金を納める必要がありますが、不動産所得が赤字ならば、税金を納める必要はなくなります。それでころか、不動産所得の赤字分が給与所得から差し引かれることになり、結果、所得税が還付され、住民税が軽減されることになるので節税効果があるというわけです。ちなみに、マンション経営の赤字とは、言うまでもなく、必要経費が家賃収入を上回ることですが、必要経費には固定資産税や減価償却費、管理費、修繕費、借入金の利息等といったものが含まれます。このようにマンション投資には節税効果という、言わば、保険があります。しかし、だからといって安心ということでは決してないのです。あまりにも高額なマンションに投資をしたとなれば、せっかくの節税効果という保険も、あまり意味がなくなってしまいます。そう考えると、比較的安価で購入できるワンルームマンションが良い投資物件だと言えます。