会社員でも手軽にワンルームマンション投資を始められる

失敗しない投資物件

マンション投資の1つであるマンション経営を給与所得者が副業として行っていた場合、マンション経営が赤字であれば、節税対策となります。しかし、あまりにも高額なマンションに投資すると節税効果も薄れますから、節税のことまで考えるのであればワンルームマンションが良い投資物件だと言えます。

シニア層にも人気がある

内観

不動産投資を始める場合に手ごろなのは、小口資金で購入することが可能な、地方のアパートや都市部のワンルームマンションです。特に都市部の物件は入居者が確保しやすいので、賃貸経営のビギナーも、ワンルームマンション投資に積極的です。賃貸経営に成功している人たちの多くは会社員であり、余裕資金を活用してマイペースでワンルームマンション投資を行っているのが特徴的です。物件を購入した当初は入居者が確保できない場合もあるので、安定した給与収入のある会社員が、ワンルームマンション投資を行うメリットは大きいです。しかし会社を立ち上げてビジネスを成功させた人も、ワンルームマンション投資に取り組んでおり、特に大都市中心部のハイグレードな物件の購入に意欲的です。そして中小企業の経営者の中には年収1000万円以上の人が多く、保有物件も築浅で資産価値が高いのが、マンション経営成功の秘密です。一方で会社を退職したシニア層がワンルームマンションを購入するのがトレンドであり、これまで貯蓄した資金を活用して、無借金経営ができるのが一番の強みです。確かに銀行のローンを活用して保有物件を増やすこともできますが、融資に頼らずに複数の物件を保有するのが、最も堅実なワンルームマンション経営の手法です。更にシニア層はこれまでの長い人生経験を活かして投資対象を厳選しており、購入後も質の高い入居者を確保して、安定した経営が行えるでしょう。

双方のメリットを

家賃債務保証は私たちがよりよく不動産と接していくための良いサポートシステムです。家賃を保証する機関が介入することで、スムーズな不動産運用はもちろんのこと入居自体もスムーズになります。不動産の新しい未来を象徴するようなシステムなのです。

適切な物件管理方法

マンション投資で安定的なリターンをあげるためには、適切なマンション管理が必要不可欠です。共有スペースのメンテナンスや、入居者との間の債権債務の管理をしっかりと行える体制が整っているマンション管理業者を選ぶことが大切です。